« えの木てい | トップページ | 丘公園から »

2011/07/15

パンク覚え書き~ESCAPE R3.1~

 スポーツバイクの宿命?、パンクの修理についての覚え書きです。GIANT ESCAPE R3.1に乗っていて初めてパンクを経験したときの対処です。メンテナンスの本を参考に、とりあえず“タイヤレバー”と“パンク修理のキット”を求めて専門店に行きました。まずタイヤレバーを選んでみたところ、修理キットと一緒になったセットを売っていましたので、今回はこれでやってみよう、と買ってみました。

P6171775_3  P6171777_2
タイヤレバーの方は上画像のように使用します。パンク修理で使う Panaracer (パナレーサー)の“イージーバッチ”というのは、ノリやゴムパッチを必要とせず、該当箇所を紙ヤスリで磨いて両面テープの要領になっている薄いパッチシートを貼付けるだけ、という簡単なものです。
いろいろ調べてみたところ、評価は両極端のようでしたね。“なかなか使えて優れもの”というものと“すぐに剥がれてあくまで簡易的なモノと考えるべき”というものとです。
ボクの使用感を言いますと、普通に耐久性があるのでは、と思いました。一応、修理後200キロくらい走ったと思いますが、空気抜けなどの問題はないようなのです。
ま、ここまで確認して、一応、パンクの修理をしたタイヤは予備として持ち歩いて、普段使いには新しいチューブをセッティングすることにしようと思っています。

P6171778  P6171779_2
左の画像は、穴の空いた箇所(大きくしてもらえば分かるかも?(笑))。右はそこにパッチを貼ったところ。
→ Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット RK-EASY、
詳細データへのリンクです

|

« えの木てい | トップページ | 丘公園から »

自転車に乗る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/52213320

この記事へのトラックバック一覧です: パンク覚え書き~ESCAPE R3.1~:

« えの木てい | トップページ | 丘公園から »