« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月に作成された記事

2008/12/25

self portrait '08

Selfport
関西旅行記も、あとチョットで終わるんですけれど、
年内の更新はココイラが限界のようです(笑)。
また来年お会いしましょう。みなさま、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/23

陸援隊の風景

Rikuen
京都大学・吉田キャンパス・農学部のあたり。
幕末には、中岡慎太郎率いる陸援隊の本部があったと言われる場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/21

吉田山を登る

Yoshida1 真如堂を出て、思いの外、というか、思った通りというか、人が多かったので、少し人気のないところを目指して、吉田山の登山を決行(笑)。目の前に大文字山(如意が岳)がせまります・・・住んでいたころは、ここから送り火を見たりしましたね〜。
竹中稲荷、さすがにここまで来ると観光客はおろか、地元民もおりません。ゆっくりと座り、この後の行動計画を練り直します。色々忙しいんです、トホホ。少し足を延ばして、以前から気になっていた「茂庵」へ。この日は定休日だということは分かっていたので、場所を確認しただけです。次回、機会があれば、って感じで。気がつけば時刻は夕方近くに。涼しくなってきたので山頂広場から下山を始めました。

→ “茂庵” のHPはコチラ

Yoshida2_2 Yoshida3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/20

真如堂

Shin
おトイレ休憩(笑)で、真正極楽寺こと真如堂に寄りました。
紅葉には早かったのですが、けっこう人がいましたね。“お十夜”の頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

ビィヤント

Kuma4 この日のお昼はココで食べると決めていました。カレー専門店ビィヤント。カウンターだけの小さなお店です。熊野神社と近衛通、2つのバス停のちょうど真ん中くらいにあります。ココは本当によく通いました。ターメリックライスなんてのも、ここで初体験だったですもんね。
「こんちは〜」と入ると、いました、オバちゃん。「あら、いつ振り?」と聞いてくれました。「たぶん10年ぶりくらい(笑)」ってな具合です。覚えていてくれました。ありがたいですね・・・(涙)。“いつものように”シーフードカレーをいただきました。甘口です。甘口と言っても、ココの甘口はふつうの中辛より辛いです。ご用心!ルーはサラリ系。まあ、美味しいです。ホントクセになりますよ。横浜に住んでいても、たまに襲ってきますもん、無性にビィヤントのカレーが食いてー、って日が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/17

熊野神社〜近衛通

Kuma1 今回は写真が中心です。右上は“ウチ”から一番近かったスーパー。まだありました(笑)。休みの日にはタコ焼きの屋台が出たりして、よく買って家でビール呑んでグタっとしておりました。左下は東大路から近衛通りに入ったところ。正面に大文字山(如意が岳)が見えます。右下は風媒館。喫茶店ですね〜。充実のランチセットは健在の様子。懐かし〜。よく通ったもんです。今回は諸事情によりスル〜〜〜。アハハ。

Kuma2_2 Kuma3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

おけいはん

Keihan_2 移動をするので三条京阪駅に行きました。無意識にシャッター押してました(笑)「あ、おけいはんだ!」。おけいはんは、京阪電鉄のイメージキャラクターですね。その通り、人の名前の“おけい”はん(さん、ちゃんの意)と会社名の京阪をかけています・・・オヤジギャクっちゃ、そうなんですけど・・・。でもボク、わりと好きです。いつ頃知ったんですかね、ちょっと記憶にないですけれど、ただ、関東では私鉄のCM自体少ないなっていう印象を持っていて、特にこういうテイストの展開って思いつかないので新鮮です。
そうそう、駅名変わったんですね。五条→清水五条とか、四条→祇園四条とか、丸太町→神宮丸太町とか。あんまり意味あるように思えませんが・・・だって、それぞれ(清水寺、祇園、平安神宮)って駅から遠いもん。ま、何はともあれ“おけいはん”に乗って神宮丸太町に向かいました〜。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/14

京のてんてん

Tenten1 京都便利堂を出て三条通へ戻ります。一本東の麩屋町通を北へ覗くと同じような位地に“京のてんてん”という名のお店がありました。予定にはなかったのですが、というか予定などないのですが(笑)、ついでなので入ってみたのでした。
“てんてん”とは手ぬぐいのことだとのこと。そう、手ぬぐい(手ぬぐい素材で作られた製品)の専門店です。あとで調べてみると、このお店は何店か展開しているうちの一つのようです。若いお兄さんが、お喋り相手になってくれたのですが、なかなか気に入ってしまい、ココで“自分みやげ”を数点購入したのでありました。
Dsc00524下画像。リバーシブルの巾着。これはひっくり返すと水色と紺色ベースの波の絵柄になっています。もう一つは般若心経のてぬぐい。東寺のお坊さんの書だとのこと。ボクはこんなのを買いましたが、全体的にはポップな絵柄が多い印象でしたよ。

HPもありましたがイマイチでしたので下記のページをリンクしておきます。

→ “京のてんてん” 紹介のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/13

京都便利堂

Benri いつのことだったか正確には覚えていないのですが、東京の道を歩いていた時に、ふと路上に落ちていたチラシのようなモノが目に留まって拾い上げたことがありました。それが「京都便利堂」のチラシでした。その時から漠然と行ってみたいなあ、と思っていたのでした。
三条富小路を上がったところにあります。絵ハガキのお店です。絵ハガキと言っても、京都の観光用の絵ハガキを売っているわけではなくて(そういうのもあるでしょうが)、博物館や美術館で売っているような絵画などをモチーフにしたモノやオリジナルのモノなどを置いています。
Benri2_2それらが壁一面にディスプレイされている様は圧巻です。実をいうと圧巻だろうという思いを抱いて訪問したのです。ただあまりにアタマの中で想像する時間がありすぎたせでしょうが、正直それ程の感動を湧くことは出来なかったのでした。こういうところはいきなり見つけた時が嬉しいんでしょうね(笑)。けれど行ってみて損はないと思いますよ。こんなものまで絵ハガキに?、といった掘り出し物が見つかるかも・・・。

→ “京都便利堂” のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/11

川端丸太町

Maru
関西滞在最終日。
かつての“生活空間”を中心にまわることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/09

こころ

Kokoro 奈良、大阪、京都と果てしなき大回りを敢行してホテルに戻ってきました。ゆっくりと湯船に浸かり、ベッドの上に寝ころんでTVをつけると、画面では姜尚中さんが、なぜか夏目漱石の“こころ”を解説しているのでありました。一体なんの番組だったのでしょうか?CMなかったからNHKだとは思いますが・・・。結局最後まで見切ってしまいました。そして就寝。
今、帰宅後、毎日少しずつ“こころ”を読み進めています。“こころ”は漱石の作品でも一番好きです。繰りかえして読む、というイミでは一番繰りかえして読んでいるかもしれません。このブログでもずいぶん前に書いた記憶があります。Kokoro2こうして何度目かの“こころ”ですが、かみしめればかみしめる程に人間の業の深さを思う、日本人の感情の根底をのぞき見る、そんな小説なのです。
「平生はみんな善人なんです、少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです」

→“こころ”の紹介はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/08

京都タワー

Kt
そんなこんなで京都駅まで戻ってきました。
“京都タワー”何度見ても、全く郷愁を誘われません。大したモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

かんかん

Kan1 思い返してみれば、この日は朝からロクなものを食べておりません。小腹を満たすため新世界にいるうちにタコ焼きかお好み焼きあたりを、と。串カツは、その時のボクにはガッツリしすぎの感ありなのでした。グルリと見回しますと人混みのその中でも、やや人口密度が高そうな、要は人だかりを発見(笑)。それが“かんかん”でした。たこ焼き屋さんです。行ってみて分かったのですが有名店のようです。芸能人の写真がいっぱい。ちょっとこの手のお店はヤバイかなあ、とも思ったのですが、もう並んでしまいました。それにお店自体の雰囲気も良さそうでしたのでね。おばちゃんが「熱いから気ィつけてね」と渡してくれました。
Kan28個入りで300円。うん、おいしかったです。ココのタコ焼きの一番の良いところは“究極の普通”ってやつです。たぶん、大阪の人が無意識に思うタコ焼きが、何も足さず何も引かず、の状態で出てきてくれたように思います。ハフハフとろりん、ってわけです。こういう人気店ならばじゅうぶんに納得。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

新世界へ

Shin1 天王寺区にいるわけですからココは行かねばなりますまい(笑)、ってことで新世界です。四天王寺からテクテク歩いて行きました。カンで歩き出したのですが、すぐに見えました、通天閣。やっぱランドマークは大切ですね。
通天閣の真下まで来ました。登ろうかとも思ったのですが、階下のエレベーター、なんと20分待ちでした。日曜日でしたしね。一人で並ぶのもなんなんで今回はスル〜であります。おそらく上に登ってものんびり見学とはいかなかったでしょう・・・と思います。
それにしても新世界、相当昔に何度か来た記憶があるのですが、いつの間にやらすっかりテーマパークの様相を呈していて、ちょっとビックリ!まあ、日曜日の夕方ってこともあったのですかね。Shin2東京では、まずお目にかかれない独特感は健在で、なんて言いますか、あらゆる種類?の人間が一緒くたに混在している様子は正に人種のるつぼを思わせたのでありました(←ちょっと大げさ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/03

12月のごあいさつ! (08)

 関西の旅行記がつづいております。まだ1日目が終わっておりません(笑)。この調子では、おそらく、今月いっぱいかかるかも・・・。
てなことを言っているうちに、その今月は12月なわけですね。今年の〆です。篤姫も、いよいよクライマックスですし(あるイミ前回放送分がクライマックス?)、流行語大賞も決まりましたし・・・あ、ホンネを言いますと年々どうでもいいような感想を持ってきているのですが、これはボクが歳を取ったせいでしょうか・・・だって流行語を決定するのに「辞退」っていうのがある、って時点でおかしくないですか?
と年寄りらしくグチったところでサクサクっと終わりにしようと思いまする。今年も最後ですがヨロシクおつき合いくださいませ〜。

Cocolog_oekaki_2008_12_03_20_32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

四天王寺・2

Shiten3 八戸ノ里から、とりあえず、上本町行きの近鉄線に乗りました。路線図をみながら「そういえば一度、四天王寺に行ってみたかったんだったなあ」と思い出し、地下鉄へと乗り換えました。もう結構な夕暮れ時でしたが、ココは、まあ入れるだろう、という漠然とした確信を持っていたのでした。
メインの伽藍は4時で入場終了のようでしたが、境内そのものは十分に散策できました。単純に、ココはいいなあ、と思いました。とても由緒のあるお寺なのですが、観光的でなく、大阪の街の持つ雑多な雰囲気に溶け込んで、普段使いのお寺として成立しているな、と。
Shiten2上の画像は石の鳥居。扁額の文字は「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」と書いてあるそうです。下は六時堂、このお寺の中心道場にあたるそうです。

→ “四天王寺” のHP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »