« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月に作成された記事

2008/10/29

京都、仏像をめぐる旅

Sarasa 先日実家に帰った際、持ち帰った本。京都のお寺をめぐりながら仏像についての基礎知識を身につけましょう、というコンセプト。最近、仏像に関してブームっぽい感じになっていますが、これ程に読みやすく(親しみやすく)、かつ整理された本は初めてでした。
著者は、もともと雑誌の編集をしていた方で、お寺を巡るうちに(外国まで行ってたり!)こういう本を書くようになったとのこと。女性である、という面が良い方に出ていると思いました。男性が書くと、どうしても理屈っぽい、というか、些末的になりすぎて、結局、何が何だか、ということになりがちなところを、この本は京都の観光巡りのガイドとしても絶妙なバランスを保っています。
まず仏像の基本を押さえるための4ヶ寺を解説、つづいてそれを押さえつつ著者お気に入りの京都観光コースを案内してくれています。

→“京都、仏像をめぐる旅”の紹介はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/28

UNIQLOCK SEASON4

 ユニクロックのシーズン4が発表されました。秋冬バージョンですね!ユニクロック・ガールズも健在です。音楽が微妙に冬っぽくなっている気がします(笑)。
季節柄、全体的に地味な印象です。落ちついた感じ、と言った方が具合はいいですか?秋の夜長にはちょうど良いです。不思議なユニクロック。見始めると、なぜかず〜っと見てしまいます。なんなんでしょう、この感じ。
ところでSEASON3のロケ地。あの図書館。どこだろうか、と調べてみたら多摩美の図書館なんだそうですね。さすがオッシャレさん。時間と機会があったら行ってみたいところです。ちなみに今回のロケ地は幕張メッセみたいです。

→ “UNIQLOCK” のページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/26

みせばや

Mise
「みせばや」という名前の花でして、
古語で「(早く)見せなきゃ」くらいのイミだそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/21

eva 1.01

Bnr_eva_e02_01_3 レンタル料金が安くなったので(笑)、「エヴァンゲリオン 新劇場版:序」を借りてきました。全4部作(予定)の一番最初ですね。
また悩ましいモノを作りましたねぇ・・・ってのが正直な感想です。TV版の焼き直し、じゃないかと言えば、そうでもなくて、またTVと違って細かなエピソードの積み重ねが望めない分、エヴァ独特の“何ともいえない感じ”が失われてしまっている気がするけれど、そうでもないのかなあ、などと誠に表現しずらい感覚です。面白いとは思うんだけれど、本当に面白いのかな?と・・・。
TV版との大きな違いは、徐々に増殖していく謎、また謎の設定が、最初からもったいぶらずにサクサクと出てくる方向性を持って作られていることです。全体が整理されている感じ。ラストにはボクのお気に入りの“彼”も早くも登場しますし、次回作からはTV版とは違った展開を見せるみたいですし、ネ。
山場のヤシマ作戦のシーンは劇場で見たら相当の迫力でしょうね。とにかく時間をかけてリメークしているので作画は圧巻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/19

お花畑のその跡に

Saku
ニューオータニが入るという桜木町駅前で建設中のビルも外観が整ってきました。
とうとう駅のホームから観覧車が見れなくなりましたね・・・(悲)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

赤丸かさね味

Ipu1 いよいよラーメンのおいしい季節になってきましたね、って、年中食べていますけれど(笑)。久々に一風堂に入ってきました。おなじみの恵比寿店。赤丸新味を食べようと思っていたところ、赤丸かさね味、という新商品にグレードアップされておりました。あららん?一風堂は一体どれくらいぶりなのでしょう・・・記憶が心許ない・・・トホホ。
たしかにおいしいです。かさね味、ってくらいで、いよいよ“奥深く”なっております。一度おためしアレ。もはやトンコツラーメンと呼んで良いのか何だか分からなくなっておりますが、確かにおいしさはアップしております。ただ毎日は欲しない味かもしれませんけれどね。ま、人によりますか・・・。そういう時には基本の白丸元味を食べれば宜しいわけで。
Ipu2一風堂って、この手のお店としては相当激しくチェーン展開していて、正直、ボクとしては快く思ってはいないのですが、味はどうしようもなく“好み”なんですよね・・・悩ましいところです。悩むことはないですね・・・ボク、食べるだけですから。

→ “博多一風堂” のHP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

青山一品

Aoyama 東京の椎名町という小さな町にわりと定期的に仕事に行きます。そこで見つけたお店。最近できました。昼時になると店頭にワゴンを出して中華のお惣菜やらチャーハンやら何やら(笑)がズラ〜と並べられます。チャーハン350円ですよ、信じられます?ってなわけで最初それを買ってみました。おそるおそる。
なかなか美味しいんですよ、コレが。で、次回から店内に入って食事をするようになりました。定食で680円なんですが、これまた「この量で680円?本当に?」ってくらいのボリュームなんです。ごはんおかわり自由。スタッフ全員、中国の人のようですし、時節柄が時節柄ですから・・・大丈夫かなあ・・・なんて思ったりするのですが、味付けが広東のサッパリ系で、あまりにボク好みなので通っています!!ハハハ。
ネットで調べてみたら、本店?が青山学園のすぐちかくで、「この場所で、この量で、この値段で」と、やはり結構評判のお店のようでしたので、とりあえず機会があるときには続けて通わせていただこうかと思っている次第です。
なんだかんだと中華はおいしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

CROSS GATE

Cross
みなとみらいのクロスゲート。
夕空がすっかり秋っぽくなってきましたね。つるべおとし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

疲労の科学

 先ほど録画をしておいた「爆問学問」を見ました。今回は「疲労」の権威の方にお話を伺っていまして、なかなか面白かったです。
ボクは、どちらかというと「あ〜疲れた、疲れた」としょっちゅう言う方でして、人前で「疲れた」だの何だのと言うべきではない、という考えの人から見ると相当“ウザイ”かもしれませんね(笑)。
研究によって疲労はキチンと数値化できるそうです。長くなるのでココでは割愛しますが。へぇ〜、って感じです。疲労は身体の疲労と頭の疲労の2種類に分けられるそうです。身体の疲労は実際の部位が物理的に疲れている状態で、頭の疲労はその部位が疲れていることを認識している(感じている)状態をそれぞれ指します。身体が疲れている時に「あ〜疲れているなあ」と感じていてる人は、まだ良いそうで、一番怖いのは身体の疲労が頭で認識できなくなっている状態だそうです。「オレって全然疲れ知らずだぜ〜!!」みたいな・・・。
よく働きづめの人が「休むと返って疲れちゃうんだよぉ」などと言う場合がありますが、つまりコレは、休んだことによって、ようやく頭の疲労を感じる機能が働き始めた(復活した)ことを指すそうで、それまでは麻痺していたことを表しているんですね。統計学上の過労死予備軍の人だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

三国志 1を読んで

 ようやく読み終わりました。1巻目は、漢が滅びて群雄割拠の時代に突入する前段階と、主人公たち?劉備、曹操、孫堅が登場するまで、という感じの流れでした。
500ページくらいありましたけど、そのわりには大味な展開だなあ、というのが正直な感想です(笑)。野球マンガで例えるとドカベンというより、巨人の星ですね。とりあえずイントロですから、これからに期待。この感想がどういう風に変わっていきますか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/08

考えないヒント

Kundo また新書です。また古本屋です(笑)。放送作家で有名な小山薫堂さんの著書。最近では映画「おくりびと」の脚本で脚光をあびています。
相当サクサクと読める本です。非常に読みやすいです。要は現在の自分があるのは、何事にも興味を持ち、何事も楽天的に前向きに捉え、人とのつながりを第一番に考え・・・みたいな内容で、正直、それが出来りゃ苦労はしないよ、という感じです。アマゾンの書評では「ただの自慢話じゃないか」的なモノもありましたし、著者本人も「どう捉えるかはあなた次第で決まるのです」というような書き方です。
そんな本ではありましたが、ボクは、なるほど、と興味深く読むことができました。というのは、ボクはFMヨコハマで著者がやっている番組を聴いていまして、そこではポッドキャストを配信しているのですが、コレがとても面白い。あるイミ、本の内容の逆とも取れる“しゃべり”をしてくれる場面がじつに多々あるのです。そこではグチったり、自分の生き方に自信のなさげな時もあったりと、なかなか大変なんだなあ、という面を垣間見させてくれて、結局、本は本だな、というわけで・・・「うまく行かない時もあるけれど“できるだけ”そういう心持ちで生きるようにしてみよう」という自分自身に対しての指針でもあるんだな、と受け止めたのでした。

→“考えないヒント―アイデアはこうして生まれる”の紹介はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

大ちゃん

Dai
近所のお店?買ってる人を見かけたことありませんが(笑)。
ボクの実家の近くにもありましたが、昔ははやってたんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

無印良品週間で

Muji おなじみの無印良品でお買い物をしてきました。今は「無印良品週間」なんです。メンバー登録をすると全商品10%オフにしてくれるんですね。ボクは、mujiのクレジットカードを持っているので自動的にメンバーということになっています。「無印良品週間」は年に何度くらいあるのかよくは知りませんが、結構回数あると思います。ですからボクは無印良品で買いたいモノは極力この期間に買うようにしています。以下、今回のお買い物。
万古焼きの丼(黒)・・・質感がいいですね。丼ですけど、大きめのお茶碗という方がいいかもしれません。
詰め替えラップ(小)・・・ラップというのはサランラップのラップです。台所で使うアレです。50メートルで200円弱ですから、そうとうお得だと思いますよ。ケースももちろん、別売りで売ってます。以前はアルミホイルもあったのですが、最近は売ってないようです。
09年の予定表・・・ここ何年かは手帳でしたが、自分の使い方を考えて今回はノートにしてみました。月別表示メインのモノです。これで間に合うんじゃないかと・・・。
冊子・・・「無印良品の理由」という300円の冊子をサービスしてくれました。ありがたく頂戴いたしました(笑)。

→ “無印良品” のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

10月のごあいさつ! (08)

 「バナナダイエットの著者がお願い」という記事が出ましたね(笑)。TV離れとか何とか言ってても結局・・・。ま、何をやっても影響を受ける人だけがTVから離れてない、ということでしょうか・・・てなワリにはボクはTVをワリと見る方ですが・・・視聴者も2極分化が進んでいるのでしょうか。まあ、よく分かりませんが、んなことを考えていた折も折、仕事先のとある家庭で母親と娘が「バナナが買えない〜!」と騒いでおりました。ボクは仕方なくニコニコしておりましたよ。一応「納豆みたいにならないとイイですねぇ」と言っておきましたが、先方は「納豆ってダイエットだったっけ?」とまっすぐな瞳でおっしゃるので、ああ、そういうスタンスなんですね、と妙に承知いたしました。その後「アムロちゃんのシャンプーも売り切れてるぅ」と叫んでおりました。ハハハ、微笑ましい、ということにしておいて下さいまし。
てなわけで、このブログも“こりずに”右サイドバーをマイナーチェンジしてみました。検索ランキングというのを目立つ位地に搭載しております。良かったらご参照下さいませ。
ではでは今月もおつき合いのほどを。
Cocolog_oekaki_2008_10_01_21_00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »