« チャレンジの機会 | トップページ | 押井守さんの新書 »

2008/09/18

upside down rainbow

Rainbow 記事の引用っていうんですか(笑)、そんな感じで申し訳ないですけれど、とても珍しい現象だったので載せてみます。画像も記事のモノ。毎度ですけれど勝手に使ってゴメンなさい、です。
逆さの虹です。イギリスで見られたようです。虹っていうのは見ている位置からの“角度”っていうのが絶対に決まっているんですよ〜。いつだったか誰かが「虹の根本(ねもと)までたどりついたことがある!」なんてことを言っていましたが、理論上そんなことはありえないですよね。追いかけても追いかけても、同じ距離(角度)を保ったまま“逃げていく”ハズなんです。
てな訳で以下記事の引用です。ヨロピク。

「専門家によると、特定の角度(22度)で、高さ約2万〜2万5千フィートにある小さく束ねた薄雲を日光が通った場合にのみ現れるそうです。他にも、光の強さ・観測者の位置・大気の状況で大きく左右されるため、実際に見るのはかなり難しそうです。ケンブリッジ大学の宇宙物理学の博士も「60年間生きてきたが、初めて見た」とコメントしており、どれだけ珍しいものなのか分かります」

|

« チャレンジの機会 | トップページ | 押井守さんの新書 »

色彩のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/42514236

この記事へのトラックバック一覧です: upside down rainbow:

« チャレンジの機会 | トップページ | 押井守さんの新書 »