« アンテナ2 | トップページ | 9月のごあいさつ! (08) »

2008/09/01

笛社会

319w 栗コーダーカルテットの「笛社会」を聞いてます。プロのミュージシャンが集まって余技で組んだリコーダー(縦笛です!)集団。脱力ダースベーダーで有名になりましたよね。その彼らの全曲がオリジナルのアルバムです。
いやあ、なごみます。けど、なごむだけではない、この感じ。誰かがリコーダー界のゴンチチ、とうまい表現をされていましたけれど・・・。このテイストどっかで“体験”したことがあるんだよなあ、とずっと考えていて、やっと思い出しました。バート・バカラックだ!特に「明日に向かって撃て」の雰囲気にとても近い感じがしました。かろやかだけれど心にしみいる感じです。
正座をして聞くような感じではないけれど(もちろんしても構いませんが)、あるとないではあなたのお部屋は大違い、というアルバムです。

→ “笛社会”の紹介はコチラ

|

« アンテナ2 | トップページ | 9月のごあいさつ! (08) »

見て!聴いて!読んだ!お話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/42351390

この記事へのトラックバック一覧です: 笛社会:

« アンテナ2 | トップページ | 9月のごあいさつ! (08) »