« 素朴な疑問 | トップページ | 京都の平熱 (6) »

2007/05/21

四谷コタン

Kotan
東京・四谷にある小さなライブ空間。入ったことはないのである(笑)。

|

« 素朴な疑問 | トップページ | 京都の平熱 (6) »

風景と、旅のレポート」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日四谷コタンを検索していたらたどり着きました。

ぜひ今度足を運んでみてください。
音楽と料理と、その他アート作品の真剣勝負に
巡り合うことと思います。
都内でも高い水準のサウンドクオリティー
ライブハウスではアリエナイほど真剣に料理している店長、
いずれにしてもこの空間は奇跡に近いものなのです。


あ、ちなみに上の写真の「C」は去年の12月
僕が作って付けたものなのです。

出演者のtomosukeでした。

では、失礼します♪

投稿: tomosuke | 2007/06/22 20:35

うわおもしろーい.
tomosukeさんはじめまして。
よくきてくださいました。って私はただの読者ですが。
あっさむさんのせんすがすきで、かよいつめております。
そうなんですか。
なんにしろいっしょけんめいやるのはすばらしいです。文中の料理人、めちゃかっこいい。
ともすけさんは、出演者ってことは、ミュージシャンでありますか。
それとも、壁職人。
さいきん、壁をぬりかえたのですが、左官さんの一部始終をみていたら、下塗り、その上に二度塗りして大変な仕事だった。
 荒壁にすさとして縄と青蛇と 
ちゃんと一句できました。すさは、苆です。日本古来はすごいで。

投稿: ひめの | 2007/06/23 10:23

tomosukeさん、はじめまして。オーナーです。
年に数回ほど「四谷コタン」の近くで仕事があるのです。その折に撮りました。
もともとは永(六輔)さんのラジオを聞いていて知りました。

投稿: assam(b-master) | 2007/06/23 21:20

あっさむさん。こんにちは。
ここに行きたくてね。一昨日。連句の会で上京、たまたま取ってくださった宿が四谷だった。で、とても繊細な味覚をされてて、その上好奇心がいっぱいの先生(いろっぽいしとてもきれい)が、晩御飯なにをたべまひょか、って聞かれたとき、先生、それなら四谷コタンてあるみたいですよ。って言ったまではよかったけど、ここ、宿の人に聞いてもご存じなかったんですわ。やっぱり年齢層ってあるのでしょうね。
けっきょく、宿の一階のいけす料理やさんで、すしとかやきとりとかひややっこたべました。先生も酒がだめで、ただもくもくと。笑

投稿: 姫野 | 2007/07/02 17:40

あれますいませんコメ残しておいて放置してしまいました。
レスありがとうございます。

>ひめのさま、
ありがとうございます。
tomosukeは壁職人ではありません。単なる出演者です。
昼間のお仕事で木を扱っているので
「C」くらい軽く作れるなと思ったもので。
よく見るとこの「C」、ちょっと細いんです。
そのうちライブ中には「Livehouse」の看板に入れ替わるかもしれません。予定ですが。
ぜひー。入ってみてください。
でも、濃い空間なので、あと、やってるかどうかHPで確認してからお出かけください。やってない日もありますので。

>assamさま、
とつぜんのコメントで失礼しました。
永六輔さんのラジオで放送されたとある曲で
有名になった出演者の方がいらっしゃいます。
多分その方経由かと思います。

実は、コタン関係者だーれも
このCAFEの写真をこれほどキレイに撮っている方がいなかったので
それで、あぁこの写真きれいに撮れてるナァって思って
たどり着きました。

ではでは。失礼します。
Tomosukeでした。

投稿: tomosuke | 2007/07/16 01:26

tomosuke さん、こんにちは。

>このCAFEの写真をこれほどキレイに撮っている方がいなかったので

アリガトウございます。シロウト写真でよろしければ、ご自由にお使い下さい(笑)。

投稿: assam(b-master) | 2007/07/18 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/15101969

この記事へのトラックバック一覧です: 四谷コタン:

« 素朴な疑問 | トップページ | 京都の平熱 (6) »