« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月に作成された記事

2007/01/31

flickr

 これはカッコイイです。使い勝手も抜群。日本版がないのだけれど(笑)。
いつも覗かせてもらっている某ブログにて紹介されているのを見まして試しに使ってみたのですが、グッドです。いっぱつで気に入ってしまいました。画像を表示することに特化したブログサービス(という言い方でよいのだらうか?)です。有料・無料があるようですが、無料部門でも全然容量余裕です。問題ありましぇーん。UIがいいので細々いじらなくてもカッコイイと思えます。何より見やすいです。色々な設定も可能なようなので、今後違った展開にも使えそうな感じです。
とりあえず練習もかねて、このブログのカテゴリー「風景」をまとめてみました(下記リンクから)。見てみて下さい。スライドショーもできるでよ。右サイドバーにも「画像ライブラリー」という名前でリンクを常駐させておきます。何しろこのブログもそろそろ記事数が大きくなってきました。とくにカテゴリーの「風景」は画像ですから全てを読み込むのに大変なことになってきていたのです。一挙に解決!?

→ flickr で作った“カテゴリー[ 風景 ]”はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/30

京都でのんびり (3)

●出町(でまち)
 ボクにとって出町といえば「ほんやら洞」。今では考えられないことですが、この頃はほとんど外食でした。まあ自炊を敢行できるような住処ではなかったですからね。ともかくこの「ほんやら洞」もお食事ローテーションの一角をしめていたというわけです。業種は喫茶店なんですけれど、2階は読書室なんて名前になっていたりして、・・・マンガしか置いてなかったような(笑)。とにかく何時間でもダラダラできました。
もうずいぶん時もたちましたしHPでも作っているかもしれないな、と、今回調べてみたところエライことになっていました(下記リンク参照)。・・・そういう展開ですか。どうも現在「ほんやら洞」はアチコチに支店?を出しているようで、本家はまさに「出町ほんやら洞」という呼び名がなされているようです。個人的にはね、思うところはあります。ココはココでココの雰囲気のままでいてほしかったなあ、と。
つまりボクの知っている「ほんやら洞」は1999年に終止符が打たれ、甲斐(かい)氏が直に運営に入ったという流れのようです。甲斐氏が係われば、自然とこういう変節をしていくことになるのでしょうね。うーん、そうですか・・・。まあ関係ないっちゃ関係ないんですけれど・・・。うーん。個人的にちょっと複雑な気持ちを抱いたまま、この記事は終わります。

→ 京都でのんびり、詳細データへのリンクです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

ハマギン

Hama
横浜MM地区にあるハマギン(横浜銀行)本店ビル。
出来てから10年以上経つと思うけれど今でも十分カッコイイデザイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/28

@CC の新規記事 3

姉妹ブログ「@Color Cafe 」へUPされたの記事の紹介です。

(07.01.27) 「あじさいの色は・・・」
  ・・・ 06.06.20 掲載の記事「あじさいの色は・・・」を移動しました。
     あじさいの色の変化は土壌の酸・アルカリの影響だけではない、
     というお話です。

(07.01.27) 「pccs の widget」
  ・・・ 06.11.07 掲載の記事「pccs の widget」を移動しました。
     Mac で使用可のウィジェットの紹介です。
     pccsの色相環を手軽にチェックできるソフトです。

(06.01.27) 「identity color」
  ・・・06.10.18 掲載の記事「identity color」を移動しました。
     「誕生色事典」という本の紹介です。
     1年365日それぞれに「自分の色」が。そこから見える性格は?

右サイドバーにもリンクがあります。ご興味ある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

Clarks desert boot

Cl (たぶん)10年くらいはき続けたデザートブーツがつぶれました。無くなってみると確かに困りました。デザートブーツの売り文句に「どんなファッションにも似合う靴」というフレーズがありますが、まさにそういうコトなんです。
新しいのを求めることにしました。以前のは量販店で買った5千円くらいのモノでしたが、せっかくなのでクラークスのモノを買ってみようかと・・・背伸びっす。
都内の某直営店に行って来ました。ところがどうも何といいますか、気分がのらなかったのです。で、そのまま帰宅してしまいました。久々にヤフオクを覗いてみたところ、定価より5千円くらい安く出ていました。即GET。まあホンモノであることを願って・・・(笑)。目標としては30年くらい使用できたらなあ、と。一生もんなんて結局は存在しないのさ、って、ボクにだってコレくらいの分別はあります。
色はウルフスェード。濃いめのベージュ、という表現がよく為されます。茶ではないんですよね。微妙ですけれど。このちょっとの差が大事。

→ “クラークス”のHP

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/01/26

3つの第9

Kara んなわけでベートーヴェンの「第9」です。現時点でわが家には3種類の「第9」があります。年末から年始にかけて、この3つをローテーションにして聴き続けていたわけです。
いちばん新しいのは毎年恒例のN響のヤツです。HDD録画を「見て」いるんです。上岡敏之さんという方が指揮をしています。ボクの注目はN響のコンマスのヒト。メチャクチャ存在感あります。ついつい見てしまう(笑)。
それから小澤征爾さんの指揮、斎藤記念オーケストラ演奏のCD。これはとても聞きやすい「第9」です。メインといえばメインで聴いています。けれど小澤さんだったら、(個人的には)もっとイイ演奏があるような気がしています。とにかく聴きやすい、ってことで。
で、今日のオススメ。カラヤン指揮、ベルリンフィル演奏。若かりしボクが生まれて初めて買った「第9」です。上の2種類のあとで、コレを聴くと本当ビックリします。別物です。ハッキリいって次元が違います。小澤さんを聴きやすい、って表現しましたけれど、これはしょっぱなから「圧力」が違うのです。ほとばしる情熱がバンバンと襲いかかってくるのです、ホント息苦しいくらい。83年の録音ですからカラヤンの晩年です。けれど3つの中で一番若い。そしてそのスピード感。どないなっちょりますのん!こんなの生で聴いたらぶっ倒れちまいます。(けれどこれならいくら払ってでも聴いてみたい気もします、かなわぬ夢ですが)。

→ ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 by ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)、詳細データへのリンクです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

写美・友の会

Shabi 当ブログにたびたび登場します東京都写真美術館、とここまで書いて調べてみますに最後に登場したのは一年も前でしたね(「岡本太郎の視線」06/01/27の記事)。去年は何だか足が遠のいて、毎年絶対に行っていた「報道写真展」もパスしてしまいました。
今年は「ちょっとした目的」のために「友の会」に入会してみました。まあ大した目的ではないんですけれど・・・。画像は入会キット(?)。受付のお姉さんに説明を受けて分かったんですけれど、写美(写真美術館のこと)に年複数回行く人は入った方が断然お得ですね。この時催されていた展示も、実は見る気なかったんですが「会員の方はタダですよ」と言われ、「じゃ見ます」と答えた現金なワタシです(笑)。
それにしても手続きの際、生年月日を書いて、隣のカッコに年齢を入れるのですけれど、真剣に自分の年齢がいくつか分からなくなってしまいました。40歳を越しているのは確実なんですが・・・。思わずお姉さんに「ボクいくつですか?」と聞いてしました。電卓で計算してもらって事なきをえました。ホッ(←って問題だろうか)。

→ “写美”のサイト

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/24

iPhone GET(笑)

Ip1 ウワサの iPhoneを入手しました。ニセモンです(←念のため最初に言っておこう(笑))。

1.まずはウェブ上から iPhoneの画像を入手します。何種類か出回っているようですが、ボクは安定感を考慮してモニター左手の黒枠つきを選ぶことにしました。
Ip22.つづいて iPhoneをプリントアウト!!
3.ひきつづいてキリトリ線にそって iPhoneを切り抜きます。なにしろ精密機械です。本体を傷つけないように丁寧にカッターで切りましょうね。つぎに折り線に従って iPhoneを折っていきましょう。直線が多いですからね、ココが肝心。で、のり付けです。しつこいようですが精密機械です。ベタベタに成らないように気をつけます。
4.完成です。さっそくまわりに自慢しましょう。
Ip3 Ip4

→ iPhoneペーパークラフトはこちら(注:PDF直結です)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/23

京都でのんびり (2)

●下鴨(しもがも)
 この本の最初は下鴨です。著者の小林由枝さんの出身がここだからです。小さいころから糺の森(ただすのもり)を遊び場に駆け回っていたとか。ボクはといえば、実は下鴨神社ってあんまり行ってはいないのです。どちらかというと上賀茂神社の方がよく行きました。賀茂川沿いを北へ向けて自転車で走ります。下鴨はそのまま素通りしてしまうかたちです。で、一気に上賀茂神社まで。そこが終点。ここは敷地にひろーい芝生があって、とても気持ちが良いのであります。とにかく空がイイ。
何度か書いていますけれど、京都に住んでいたころは、どうしてあんなに時間があったのだろう、と思います。冷静に考えれば、仕事は夜勤が中心で、おまけに短い仮眠で昼間も起きていたわけですから、そりゃ時間はありますよね。今では考えられましぇん。早寝早起き睡眠9時間。つまり若かったから、体力にモノをいわせて時間が沢山あったのです(笑)。
下鴨といえば、賀茂川と高野川が合流して鴨川と名前が変わる場所に三角州があります。ここは最近映画「パッチギ」のクライマックスの乱闘シーンの舞台に使われてましたよね、たしか。ここもオススメのお昼寝スポットです。
そうそう鴨川の風景といえばこの時期はユリカモメ(別名みやこ鳥)。初めて見たときはちょっと感動しました。

→ 京都でのんびり、詳細データへのリンクです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

舗道

Hodo
暖冬にしては寒い日で、下ばかり向いて歩いていました。
お金は落ちていませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/21

dp の新規記事 12

姉妹ブログ「マリオットの盲点 dp 」へUPされたの記事の紹介です。

(07.01.06) 「affiliate の索引(日付順06後期)」
  ・・・06年後期(7〜12月)アフィリエイトで紹介した
     商品の索引です。この記事のUPにともない
     同名既存の記事は削除されました。

(07.01.19) 「画像アルバム」
  ・・・以前「アルバム」として掲載した画像を
     「マリオットの盲点dp」の右サイドバーに
     再掲載しました。
      ●SAKURA05
      ●京都点描(とある早朝)
      ●京都点描(夕)
      ●京都点描(DESIGN)
      ●板橋 新選組墓所
                 の5点です。

右サイドバーにリンクもあります。ご興味ある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

TIRI TIRI

Tiri 「インド風」カレーのお店。東京・明治通り沿い、恵比寿と渋谷の中間あたりにあります。本当はこの日は違うカレー屋さんを目指していたのです。けれどお店の前まで行って「何か違うな」と感じて入るのをやめたのです。そしてそのままブラリと歩いていたところ見つけたのがココという次第です。こちらは逆に妙にボクの心を引きつけるモノが・・・アタリでした(イエィ)。
間口は狭く、カウンターだけ10席くらいの小さいお店ですけれど、とても清潔感があります。ご夫婦でしょうか。広くはないカウンターの中で働いています。棚にはスパイスの瓶などがセンス良く並べられています。
ボクは「トマトカレー」をお願いしました。名前は知りませんがインドのお漬け物?(違ったらゴメンちゃ)、それが付いてきます。ボクは福神漬けはキライです。が、これなら付け合わせとしてOKって感じです。カレーはそれほど辛くはないのですが、食べている途中から汗が湧いてくるのが分かります。うーん、スパイスの力!
ちょっと気にかけて通ってみたい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

ベト7

57 12月の半ばくらいから、ただひたすらにベートーヴェンの「第9」を聴き続けていました。ここにきてサスガに他のも聴きたくなってきました。「ベト7」でも借りてみようかと思って、TSUTAYA(レンタル屋さん)に出かけてみました。
「ベト7」はベートーヴェンの交響曲第7番のことです。もともとベートーヴェンのなかではマイナーでありながら熱狂的なファンを持つ交響曲とのことでした。ところがご存じ?「のだめカンタービレ」効果で現在ウルトラ・ブレイク中(笑)。ボクも「のだめ〜」にのっかってます。
借りてきたのはカルロス・クライバー指揮、ウィン・フィルが演奏の一枚です。5番「運命」も入っています。どうやらこれはかなりの名盤らしい。さすがボク!、ってか、さすがなのはTSUTAYAさんなんですけれど、ハハハ。しかもジャケットを見てビックリ。演奏も録音も申し分ないのに、なんと2000円を切る値段ではあ〜りませんか。超お買い得です。持っていて損はないかも。
ちなみに家では「7番」ばかり聴いています「5番」は通勤時。ジャジャジャジャーンていう導入を正面から受け止めながら気分を上げていってます。

→ “ベートーヴェン:交響曲第5&7番”

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/18

中国の小さな古鎮めぐり

China 年始に実家に帰ったときに、妹から借りてきました。古鎮というのは「古い町」という意味だそうです。全部で20個所くらいの雰囲気の良い古鎮を紹介しています。写真がたっぷりと入っていて、ガイドブックというよりは、気軽に手にとる軽い読み物という感じです。見ていて飽きません。
上海近くの朱家角というところは、むかし訪れた蘇州を思い出させる風景ですね。蘇州は中国のベニスなんて言われていたと記憶していますが、今はすっかり中国のシリコンバレーなんて呼び名に変わってしまいました(この言い方も古いのかな?)。平遥古城と麗江古城はそれぞれ世界遺産に指定されていますね。両方とも去年かな、NHKでやっていたのを見た覚えがあります。芙蓉鎮、ありましたね映画、見た記憶があります。その舞台になった町です。そこも入っています。
この本「プチ・マニアックな旅の本」と謳う「私のとっておき」シリーズというもので、他にもいろいろあるようです。興味のある方は調べてみるといいかもしれません。

→ 中国の小さな古鎮めぐり、詳細データへのリンクです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

iPod のリセット方法

 iPod nano が出先でフリーズしてしまいアタフタしてしまった、という記事を書きました(→ 06/11/23 の記事)。ボクはもう近くにPCがなければナンともならないその状況に、とても悲しい思いをしたのでした。そしたらありました。iPod 本体のリセットというか再起動の方法が。そりゃそうですよね(笑)。けれどちょっと段取りが複雑?です。今後のために下記しておきます。(注:このやり方は「クイックホイール」型についてのみです)

1.ホールドスイッチ(HOLD)のオン/オフを切り替えます(“ホールドスイッチ”をいったんオンにして、またオフにします)。
2.Apple ロゴが表示されるまで「メニュー」と「選択」の両方のボタンを同時に約6〜10秒間押します。この手順は何度か行う必要があるかもしれません。

注意点:うまく行かない場合は、iPodを平坦な場所に置きます。クリックホイールの他の部分に触れないようにしながら「選択」ボタンを押します。「メニュー」ボタンを押すときは、できるだけ周辺部分を押してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/16

京都でのんびり (1)

Kyoto 最近の「ボク的にヒット」の一冊です。京都出身の著者が「お気に入りのお散歩コース」を紹介する、という内容。著者自身のイラストがとてもイイ感じです。なにより「情報が片寄っている」点が信用できます(笑)。つまり著者の実際の生活に密着した感じがとてもよく出ているのです。んで、ここがポイント。下鴨出身ということで、「ボクの生活空間」とものすごくリンクしているのです。
そうだそうだった、とうなずいたり、へえぇこんなトコあるんだ、と思ったり、イチイチ読んでいて楽しいわけです。ガイドブックとしては、かなり上級者向け、というかマニアックな風ですけれど、純粋な読み物としても十分に面白いと思います。
全部で9つのエリアが紹介されています。次回(来週かな)から一つ一つエリア別の感想を書いてみようかな、と考えています。

→ 京都でのんびり、詳細データへのリンクです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

外人墓地から

Bochi
撮ったのは去年なんですけれどね。ヨコハマっぽい感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

Affiliate の索引 (06.dec)

● 06年12月で紹介したアフィリエイトです。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

mspc GROW OLD

Wall1 年が改まるにあたって、お財布を新調しました。もともと年に一度は替えていこう、と思い立ちスタートした「企画」だったのですが、前のが結構気に入ってしまい、結局2年近く使っていました(その時の記事はコチラ(05/04/04 の記事))。コーデュロイ地でイイ感じだったのですが、さすがに畝がヘタヘタになってしまいました(下画像)。
今度のは革っす。ちょっと前に紹介したマスターピースの原宿店に、またまた行ってきたのです。ちょうど良いタイミングで「バーゲンのお知らせ」が届いたもので、それにのっかってみました(笑)。数ある選択肢の中で、なんと、店員さんとボクの意見がバシっと一致。ナイスでした。
Wall2今回のポイントはカード入れが少ない(3枚分だけ)、ってとこです。ボクの最近のテーマでもあります。モノを減らしていこう、ってね。使い込むほどに革の表情が変化してくるそうです。楽しみです。

→ “master-piece”のサイト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/12

1月のごあいさつ! (07)

 来週早々に、またもやココログの長時間メンテが控えております。予定より少し早めに復活をば。・・・なにが起きるか分かりませんからね(笑)。
まあ今年も色々なイミで戦いの日々です。多くは「こころの問題」なので具体的に表現するのは難しいのですが、このブログ関連でいえば、ここ十数年来つづく「好奇心の摩耗」との戦いですね。アト少し、のような気もするのですが、なかなかね、一筋縄で脱出できるものでもありません。
最近思うのは、けっきょく、「過去」をひっくりかえしていくのが一番「新鮮」なのかなあ、と。まさに温故知新。分かりづらいですね、こういうハナシは。すればする程分かりづらくなるのが世の常、ってものですから、このへんで止めておきましょうかしらん。
では、今年もヨロシクおつき合い下さいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/10

iPhone

Iphone ウワサの「iPod 搭載の携帯電話」がアップルから発表されました。けれどこれが憶測以上。
「iPod 搭載の携帯電話」と書きましたけれど、実際には「iPod 搭載」というより「iPod + 電話機能 + ウェブ・ブラウザー」の一体機という感じの全く新しいジャンルのブツでした。しかも、これまたウワサで流れていた全機能タッチスクリーン方式がここに採用されたっちゅーわけです。まいっちんぐマチコ先生。ちなみに背面のデザインもとってもキュートなのですよ。
アジアでの展開は2008年からを予定だそうです。てか日本はムリかしらん・・・。はやく日本も「世界標準」になって、機種(端末)を選んでからキャリア(携帯会社)をどこでも指定できる時代になってほしいものです。

同時にアップルが社名変更を発表しました。
Apple Computer,inc → Apple inc.
になるそうです。今後の展開を想像させますよね。

→ “Apple ”のサイト(米国版)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/03

update limited, again

 みなさま「あけましておめでとうございます」。
てなわけで予定通り明日より当ブログは冬休みでございます。復活は3週目くらいかな〜。
ではでは。ボヌ・ジュル・ネ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

香港1996 (16)

スケッチ<4>

Hk17
上:2階建てバス。軌道を走るタイプ。
下左:「レ・ミゼラブル」のポスター。下右:TV撮影をしてました。
Hk14Hk13

香港1996*おしまい*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

香港1996 (15)

スケッチ<3>

Hk10Hk11 早朝散歩にて。 Hk12
九龍地区と新界地区の境界です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »