« アヒルのワルツ | トップページ | VAGABOND その2 »

2006/10/23

逆光ですが

Shachu
撮ったときは失敗だと思ったのですけれど、
何回か見ているうちにコレはコレでイイような気がして・・・。

|

« アヒルのワルツ | トップページ | VAGABOND その2 »

風景と、旅のレポート」カテゴリの記事

コメント

そうか。逆光でも撮り方によるんだね。
今日、たまたま長崎の俳句誌についての記事を補足していて、沢田教一に出会ったよ。びっくりした。こんなところで出会うとは、というかな。寺山修司の同級生だったなんて知らなかった。
ところで、ライカというのと、イカ社のカメラって違うのかな。前から誰かに聞きたかった、江崎悌三(乙骨太郎乙の孫で昆虫学者)の趣味のところで出てきたんだよね。誤植かなと思ったけど、別にライカはまた出てきてたので、やっぱイカ社のカメラってのがあったんだろうか。

投稿: ひめの | 2006/10/23 11:38

まあ逆にここまで顔が影でつぶれていれば、そのままのせても大丈夫かな?というのは思いました。イカ社については、ボクはよく分かりません(笑)。

投稿: assam(b-master) | 2006/10/24 01:57

おはようございます。
<イカ社+カメラ>で検索したら大体の歴史がわかると思います。
ライカはエルンスト・「ライ」ツ社(現・ライカカメラ社)の「カ」メラだからライカなのだそうです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E3%82%A4%E3%82%AB%E7%A4%BE%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

投稿: うえの | 2006/10/24 08:43

おお!
うえのさん。さすがじゃ!!
ほんとにあったのか、イカ社。うそじゃろーっておもった。
無知っておそろしい。もすこしで勝手に「ラ」を書き足すとこでした。ありがとうございました。
やはり、乙骨一族の血は確かです。菊枝先生とやりとりしていますと、びんびん感じます。

投稿: ひめの | 2006/10/24 10:35

ドイツってよさそうですね。ドイツに住んでた画家の奥さんから話を聞きました。道がすごく充実していて、時速二百キロとか普通に出せるって。で、店は八時頃から開いている代わりにお昼休みがあって、夕方も四時かそこらには閉まるそうです。
そういうの聞くと、日本ってなんじゃろうって思う。要らないものが多すぎる。ごみ問題もそれだしなあ。

投稿: ひめの | 2006/10/24 10:46

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_fb75.html#comments
 
↑ここにイカ社の記事を打ち込んでました。お暇なときに読まれてください。(さがすのに骨をおりました。)
あっさむさん。訂正どうもありがとう。

投稿: ひめの | 2006/10/26 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/12375435

この記事へのトラックバック一覧です: 逆光ですが:

« アヒルのワルツ | トップページ | VAGABOND その2 »