« 旅のバイブル | トップページ | being on the road »

2006/07/19

深夜特急

Mx1 そんなわけで「深夜特急・沢木耕太郎著」です。言わずとしれた“旅のバイブル”。バックパッカーの聖書です。「デリーからロンドンまで乗り合いバスで行けるのか」、友人たちとカケをした1974年・26歳の沢木氏の旅の記録です。デリーから始めるはずが、たまたま立ち寄った香港の魅力にとりつかれ・・・。国際情勢もろもろあって、現在では実現不可能の夢のような行程を進みます。まさに猿岩石の元ネタですね。
ボクは本を大事にすることが「わりと」苦手な人で、何度も読み返す本はたびたび買い換えることになります。今では「わりと」大事にできるようになりましたが(笑)。右上の画像は沢木耕太郎ノンフィクション全9巻からの1冊です。そう深夜特急全1冊です。これはイイっす。2004年初版で「深夜特急ノート」というオマケがついています。なにかというと実際の旅行中、メモを書き留めた大学ノートの記録からの抜粋です。実はボク、このノートの実物見たことがあるのですが、長くなるのでこの話は明日にします。Mx2左下画像はその前までの単行本全3巻です。古本屋で1000円くらいでGET。その前が最初で新潮文庫版全6巻でした。これは雨ざらしでヒドイ状態でしたねえ。4巻目だったかなあ、崩壊してしまったんですよねえ。


Plus1_arrow深夜特急全1冊:ミッドナイト・エクスプレス (沢木耕太郎ノンフィクション8)、
詳細データへのリンクです

|

« 旅のバイブル | トップページ | being on the road »

見て!聴いて!読んだ!お話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
拝読しているうちにまた深夜特急が読みたくなってきました。が、家人に捨てられてしまったので手元にないのです。
ご紹介いただいた1冊本はそそられますね。新品で買うと3465円もするのか!古本屋で探します。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163649204/503-6455862-3595902?v=glance&n=465392

投稿: うえの | 2006/07/20 08:44

このノンフィクション全集の他の何冊かは、図書館で借りて読みました。2週間で読み終わらないところが難です(笑)。未だ全巻制覇とはなっておりませぬ。
この巻については、amazonのポイントがイイ感じに溜まっていたというタイミングでのGETでした。

投稿: assam(b-master) | 2006/07/20 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/11013222

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜特急:

» 10年目の深夜特急 旅の舞台 香港編 [月まで跳んで行け実録!パワライザーPOWERISER奮戦記 ]
 旅の玄関は、香港であった。 どこに泊まろうかと思った時にした下調べしていた宿があった。10年も前になるのか大沢たかお主演で沢木耕太郎の深夜特急がTV化された。そのTV版の香港での宿が重慶マンションである。そして撮影に使われた宿が、ハッピーゲストハウスである。撮影時に大沢たかおが泊まったといわれる宿がDragon Innであることがわかった。そのゲストハウスには、深夜特急のポスターが飾ってあってある!?ことも頭に入れてあったのだ。このTVを観、沢木耕太郎著の深夜特急に出会い当時一気に読んだこと..... [続きを読む]

受信: 2006/07/27 00:33

« 旅のバイブル | トップページ | being on the road »