« 料理の色 | トップページ | 斎藤一(新撰組)の剣の流派 »

2005/10/05

小原宿本陣

honjin1 道に迷ってしまったんです。中央高速を仕事で東京から八王子方面に向かっていたところ、運転手が(ボクは助手席)、うっかり降りるインターを通り過ぎてしまったわけです。結果的に相模湖の方まで来てしまいました。不慣れな場所で道を聞くために立ち寄ったコンビニの前にそれはありました。
小原宿本陣。本陣というのは、江戸時代、大名などが宿泊などに使った格式のある旅舎のことです。その宿場の本部?みたいなものでしょうか。神奈川県下には東海道と甲州道中(今の甲州街道)合わせて26軒の本陣があったそうですが、建物が現存しているのはこの小原宿本陣だけだそうです。小原宿は甲州道中の宿場で、江戸から16里(約64km)の位置にあたります。道に迷ったおかげでラッキーな出会いでした。
honjin2コンビニで道を聞き終えた運転手が、外でパシャパシャ、カメラを撮っているボクを見て「何楽しんでいるんですか!」と聞いたのがおかしかったです。中も見学したかったのですが、そうもいきませんでした。仕事的には1時間のロスとなったのでした。
関係ないですが、「本陣」と聞くと横溝正史の「本陣殺人事件」を思い出すんです。

|

« 料理の色 | トップページ | 斎藤一(新撰組)の剣の流派 »

風景と、旅のレポート」カテゴリの記事

コメント

あっさむさんは、写真がとても上手ですね。
なぜかお年寄りが入ってる。それって、いいよ。
京都奈良、石橋秀野追憶ツアー(いま名づけた)で
携帯にたくさん写真撮ったんですが、その携帯は
もう使わないため引き出せないでしょう。
京都でも道に迷った。どんぐり橋がわからんかった。鴨川を右往左往した。道行く人もしらず、橋修理のにいちゃんたちすら知らなかった。いまもわからん。秀野の生家のあった奈良天理の西井戸堂、地のひとは「にしぃどんど」って言わっしゃるです。

投稿: 姫野恭子 | 2005/10/08 09:50

団栗橋は四条大橋のひとつ南にある橋のようです。
たまたまですが、右側サイドバー「マイフォト」の中にある「京都点描(とある早朝)」というタイトルの中に入っている「鴨川畔」という画像は、団栗橋「から」撮った一枚です。これまたなぜか年寄りが写っている(笑)。

投稿: assam(blogmaster) | 2005/10/08 13:41

そうでしたか。
鴨川も高瀬川も印象的でした。高瀬川沿いの桜と花シャガ。きれいかった。例の壁掛けは去年のじゃなく、数年前のです。去年は、よーじ屋の京紅でした。指で差す紅、杯に絵の具みたいに刷いてある。新撰組の鈴木京香さんがつけてた口紅。あの色はほんものです。モガだった秀野にも、短冊あり。(夢中落花文庫・八女市堺屋)
 寒椿ややもの淋し京の紅  秀野(製作年不明)
    

投稿: 姫野恭子 | 2005/10/08 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/6267891

この記事へのトラックバック一覧です: 小原宿本陣:

« 料理の色 | トップページ | 斎藤一(新撰組)の剣の流派 »