« adidas : GZLL HEMP | トップページ | 御細石(おさざれ石) »

2005/09/12

流れる空

TYHOON
台風が関東に一番近づいていた時分の空のひとつです。
出先から帰ろうと思ったら、電車が遅れたりしていました。

|

« adidas : GZLL HEMP | トップページ | 御細石(おさざれ石) »

風景と、旅のレポート」カテゴリの記事

コメント

流れる空。そら。コケ。虚仮。苔。鱗。こけ。こけのむすまで。
森山光章という俳人が好んで使う言葉に、虚仮があります。このひとは小説家で医師の兄を持つふしぎな感性の俳人です。私の連句の宗匠・前田圭衛子先生が博多に連句興行に見えたとき、一座したことがあります。
さざれ石の儀で石を3個水にいれることの意味がわかりますか。
連句は陰陽五行そのものだと思い始める。

投稿: 姫野恭子 | 2005/09/12 21:14

吉野裕子は日本史の大きな断層に土の橋を架けてくれた偉大な学者だ。最初に読んだのは20年ほど前「隠された神々」だった。何度も読んだ。
1916年東京生まれ、女子学習院、津田塾大卒。
膨大な易五行本をだされてるが、ご本人も仰るように今ひとつ世間の認知に欠けている。この人のなさった仕事は計り知れないほどすごいことなのに。
中国清朝王族の景嘉に易学を学んだという吉野が
、あの「海軍七十年史」の君が代のいきさつを知ったら、どう反応されるだろうか。いそがねば。

投稿: 姫野恭子 | 2005/09/13 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83280/5885771

この記事へのトラックバック一覧です: 流れる空:

« adidas : GZLL HEMP | トップページ | 御細石(おさざれ石) »